お金借りる 低金利 即日。キャッシング・カードローンでおすすめならどこ?

安心・安全!女性向けのキャッシングカードローンはどこ?

どこが一番人気?女性向けのキャッシング

女性は、ライフステージの変化や、人間関係の広さなどから、男性よりも急な出費に悩みがち。

 

たとえば、車検費用や、クレジットカードの支払い、美容やファッションへの出費、友人の結婚式のご祝儀、自分の結婚式や挙式、新婚旅行の費用、引っ越し費用や家賃の支払い、子供の学費が払えない……などなど、数えだすときりがありませんよね。
かくいう管理人も、友人の結婚式が数か月重なってしまい、キャッシングで借りた経験があります(^^;)

 

家族や友人から借りる、という手もありますが、やはり人間関係信用が気になるところ。
実際に、多くの女性が、そんな女性ならではのお金のトラブルにレディースキャッシングを利用しているんです♪
キャッシングというと、男性が利用するイメージがあるかもしれませんが、なんと利用率の3割が女性。
女性が利用しやすいキャッシングローンが、消費者金融各社からどんどん生まれています。

 

具体的に、レディースローンとふつうのキャッシングローンの違いをみてみましょう!

 

レディースキャッシングとふつうのキャッシングの違い

ふつうのキャッシングと、女性向けキャッシングの違いとは、ズバリ「完全女性によるサポートがある」こと。
あたりまえですが、金利は男性が利用するキャッシングと同じです。
なんだ、それだけ?と思うカモ。
でも、この専用ダイヤルの女性オペレーターによるサポートって、実はかなり重要なんですヨ。

 

女性だからわかるコト。なんでも相談できる、共感してもらえる!

わたしもそうなんですけど、ここをご覧の女性のみなさま、お金を借りる際の手続きや返済方法に疑問や不安、ありませんか?

むしろはじめてすぎて何から質問していいかわからない!そんな状態だったりしませんか?

 

わたしがはじめてキャッシングで即日融資を受けたときは、もう本当に右も左もわかりませんでした。
たとえば、

  • 「会社にお金をキャッシングしたことがバレないかな?」
  • 「自宅に契約書や明細書が送付されてきて家族にバレないかな?」
  • 「返済が滞って、借金取りが家まで来たらどうしよう……(;;)」

こんな感じでした。
実際に女性オペレーターの人に、不安や愚痴まで全部聞いてもらって、とても安心できたし、返済のことも金利のことも、よく理解できました。

 

一般的に、女性って男性よりもお金の具体的な計算が苦手、という人も多いのではないでしょうか。
そんなときに、ちゃんと話を聞いてくれるひとがいるって、予想以上に心強いものです。
お金のことって、だれにも相談できなくて悩みがちになりがちです。

 

秘密無しに話を聞いて返済方法など一緒に考えてくれるサービスは、重要なものなんですね♪

 

レディースローンで重視したいポイント

女性がキャッシングを申し込む際のポイントは2つ!
WEBだけで申し込みから契約まで完了できること!

だって……できることなら、消費者金融の窓口や、街中の無人契約機はできるだけ利用したくないですよね?
お金を借りるところをだれにも見られたくないのは当然です。
WEBで完結できるメリットはそれだけではありません。
なんといっても、申し込み→審査→融資までがスピーディーなこと。
早ければ30分、1時間でお金を手にすることも可能になってきているんですよ♪

 

振り込みキャッシングに対応していること

お金を借りる方法は2つあります。
ひとつは、キャッシングカードを発行して、それをATMなどに挿入してお金を借りる方法。
そしてもう一つが「振り込みキャッシング」です。
別にカードを作る必要がなく、自分の銀行口座にお金を直接振り込んでもらうことができます。
そして、返済も引き落としてでOK!
なんといっても、カードを人に見られてお金を借りていることがバレるリスクが減りますし、手間もかかりません。

 

この2つを満たしている消費者金融をピックアップしてみました!

 

レディースローンが利用できる大手3社消費者金融はコチラ!

アコムレディースローン

貸付利率(実質年率) 自動審査受付時間 メリット
3.0%〜18.0% 平日9:00〜21:00 30日間金利0円サービス

パート・アルバイトでもOK!

アコムは申込みから契約までインターネットで手続き完了することができます。店頭窓口や自動契約機来店して手続きする場合でも、事前にインターネットで申し込んでおけば、来店時の手続き時間が短縮可能。

【特徴】
・3秒結果表示
(3秒診断は、借入をご検討される際の目安であり、実際のお借入時の審査結果と異なる場合があります。)
・はじめてでも来店不要
・スマートフォンの無料アプリがあるので収入証明の送付などが便利!

プロミスレディースキャッシング

貸付利率(実質年率) 審査可能時間 メリット
4.5%〜17.8% 9:00〜21:00 30日間無利息サービス
24時間インターネット(PCやスマホ)からのお申し込み受付や契約・振り込みまでインターネット完結で、店舗に行けない方も気軽に利用することができます。(※対象金融機関は200行以上あります。)

【特徴】
・審査から振込みまでインターネットで完結
・即日融資も可能(WEB契約の場合、当日振込(平日14時までにWEB契約完了が必要)みが可能)

 

レディースアイフル

貸付利率(実質年率) 自動審査受付時間 メリット
4.5%〜18.0% 9:00〜21:00 30日間金利0円サービス
夜の即日融資のポイント

インターネットから申し込んで、20時30分頃までにに自動契約機へ。
審査時間は30分〜1時間なので、21時までに本審査を受ければ、21時45分までカード発行が可能です。
※自動契約機の営業時間は地域により異なります。まずは公式ホームページで近隣の自動契約機の営業時間を調べてください。

 

CMや電車の吊り広告などでもおなじみの大手3社には、いずれも女性向けのレディースローンが充実しています。
女性が借りやすく、返済しやすく、利用しやすいレディースローンがある消費者金融を利用しない手はありませんよ!

 

正社員じゃなくても大丈夫!パートやアルバイトでもキャッシングはできます♪

お金を借りれるのって、正社員じゃなくても実は大丈夫なんですよ!
派遣社員、パートタイム、アルバイト(フリーター)、学生でも、ちゃんと継続して勤めていて、収入があればお金は借りられる可能性が高いです。
実際に、正規職員でない、多くの20代の若い人たちもキャッシングやカードローンを利用しています。

 

しかも、上で紹介したランキング大手3社なら、いずれも即日融資に対応しています。
どの消費者金融でも、申込前に自己診断(事前診断)が可能です。
個人情報を入力せずに、【年齢・雇用形態・年収・他社からの借り入れ状況】を入力するだけ、と時間も全くかかりません。
もしここで通過できれば、本審査でも通過できる可能性が高いです!

 

まずは、ランキングから、気になる消費者金融の公式サイトへジャンプ♪
トップページにある「3秒診断」「1秒診断」「自己診断」などのボタンをクリックして試してみてくださいね。

 

もう一度ランキングをチェック!

 

専業主婦でも借りられる?パートやアルバイトの場合は?

続く不況で家計が苦しい……そんな方も多いのではないでしょうか。

そこで気になるのが、「専業主婦でもお金って借りられるの?」というところだと思います。

 

残念ながら、現状では、専業主婦の人が消費者金融でお金を借りることは難しいとされています。
絶対にむりとは言えないのですが……、消費者金融では原則として自身に収入があり、返済能力があると認められる必要があるためです。

 

専業主婦でも、毎月副業などで収入があり、課税証明書などをとって提出することで審査に通る可能性はあります。
また、その場合でも、多くの場合、配偶者の同意書の取付が必要で、簡単には審査に通らないと思っておきましょう。

 

全くの無収入では、申込をしてもその時点ではじかれてしまいます。

 

総量規制外の銀行系カードローンなら、専業主婦でも申込OKなところアリ!

望みがあるのは、銀行系カードローンです。
これは、専業主婦でも、申し込みが可能となっています。
(もちろん、必ず審査に通過できるとは限りません。)

 

総量規制とは?

 

総量規制とは、「借入の総額は、年収の3分の1まで」という決まりで、貸金業法により定められています。(※一部例外もあります。)
消費者金融のキャッシングは、この総量規制の対象。
つまり、年収がゼロ(無い)専業主婦の人や無職人は、原則として消費者金融ではお金を借りることはできません。

 

収入がない人がお金を借りるためには、総量規制対象外のところからお金を借りる必要があります。
対象外なのは、主に銀行
つまり、銀行系カードローンを利用することです。
しかし、銀行系カードローンでもすべてのカードローンで借り入れができるわけではなく、借り入れ先は限られているのが現状です。

 

専業主婦が申し込めるカードローンでオススメなのは、以下の2つ。
配偶者同意書の提出も不要で、とにかくできるだけ知られずに借りるにはもってこいです。

 

楽天銀行スーパーローン

専業主婦のためのコースがあり、借りやすさがポイントです。
もちろん専業主婦で収入ゼロなら、配偶者の年収が重要ですので、ある程度の年収と勤続が必要になります。
専業主婦でも最大50万円の限度額が利用できるなど、人気のカードローンです。

 

【金利】1.9〜14.5%
【限度額】10〜800万円

 

三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック

大手銀行の安心感があるのが、バンクイック。
ただし、振り込みによる借入(振り込みキャッシング)に対応しておらずカードが必要な点は注意したいところ。
その代り、銀行系カードローンでは非常に珍しく、最短で即日での融資にも対応しているため、とにかく急ぎで借りたい人には最適のカードローンです。

 

【金利】1.8〜14.6%
【限度額】10〜500万円

 

 

楽天スーパーローンと、バンクイックの金利を比較してみると、最大金利がバンクイックのほうがほんの少し低いことがわかります。
専業主婦のカードローンキャッシングは、限度額が低く設定さるため、適用されるのは最大金利。
つまり、専業主婦がカードローンでお金を借りる場合、金利の面ではバンクイックのほうが返済が安くなります。

 

しかし、楽天銀行スーパーローンは、お金をカードで引き出さずに振り込みをしてくれるメリットもあります。
自分が借りやすいか、返済しやすいかという視点で選ぶのもいいでしょう。

 

配偶者貸付は専業主婦、収入が安定しないアルバイト・パート主婦の人にも利用できる

楽天スーパーローンやバンクイックが×だった場合、もうだめだ、とあきらめるにはまだ早いですよ。

もうひとつ、お金を借りる方法があります。

 

それが、ごく一部の消費者金融だけが行っている「配偶者貸付」を利用すること。
配偶者貸付はあくまで、「配偶者の同意があれば夫婦の年収を合わせた金額の3分の1まで借入れができる」という総量規制の例外にあたります。

 

配偶者偶者貸付とは、厳密には専業主婦のためのものではありません。
自身の収入だけでは審査に通ることが難しい女性みなさんも対象になります。

 

配偶者貸付に必要な書類

配偶者貸付でキャッシングをしたい場合は、以下の申込書類が必要です。

 

  • 住民票などの婚姻関係が証明できるもの
  • 自身の本人確認書類(運転免許証、パスポート、住基カード、マイナンバーカード、健康保険証など)
  • 配偶者の同意書
  • 収入証明書(※借入額によって要不要が決まります。)

 

やはり気になるのが「配偶者の同意書」の項目。
必ず収入がある夫(ご主人)に辞書捺印をもらう必要があります。
つまり、配偶者に内緒で借りるのは難しい、ということ。

 

実際には、配偶者でなくても同意書は書くことができます。
でも、返済を担うことになる配偶者に内緒で審査をしお金を借りることは絶対にオススメできません。
お金の問題はとてもシビアですし、自分の家族、親族を巻き込むことです。
だからこそ、しっかり相談して納得のうえ同意書を書いてもらうことは大事です。

 

借入先を選べば、自宅への資料送付なし、明細送付なしを選択し、ご主人や家族にバレずに……。ということも現実できないこともないかもしれません……。
しかし、黙ってお金を借りることは信用を傷つけ、家族間に深刻な問題をもたらすことになりかねません。

 

もちろん、借りすぎて家計が破綻してしまう、ということはないように気を付けつつ、賢くカードローンを活用してみましょう!

 

配偶者貸付を行っている消費者金融 金利比較表

ベルーナノーティス

通信販売会社ベルーナのキャッシングが、ベルーナノーティスです。
14日間の無利息期間がある、来店不要で続き可能、など、人気の条件がそろっています。

 

【金利】8.0〜18.0%
【限度額】1〜100万円

 

エレガンス

静岡県の老舗質店が元となっているキャッシングがエレガンスです。
全国大手とはちがい、あまり聞きなじみのないなじみですが、実績があるため安心して利用できるでしょう。
電話で申しこみができ、30分で返答がもらえるスピーディーさが魅力のエレガンス。
スタッフも女性だけと、安心して専業主婦やパート・アルバイトの人が申し込みやすい環境が整っています。

 

【金利】10.00〜20.00%
【限度額】1〜50万円

 

配偶者貸付のデメリット

金利が高い

金利が20.0%前後と非常に高いので、注意が必要です。
銀行系カードローンより5.0%以上高いとなると、長期間借りてしまうと総額が予想以上に膨らんでしまいます。

 

金利が高い分、何度もお金を借りるより、本当に大変なときだけ借り入れして、無利息期間で返し切ってしまうか、短期間で返済を終えることが重要になってきます。

 

高額借り入れができない(ことが多い)

やはり、本人に収入がない、あるいは少ない人にお金を貸し付けるということで、限度額は低く設定されています。

 

基本的には、30万円、高くて50万円ということが多いでしょう。
限度額100万を謳っているところもありますが、いきなり最高限度額まで借り入れができることはほぼありません。
配偶者の年収がある程度高いこと、勤続年数が長いこと、さらに何回か借りて返済することを繰り返して限度額が引き上げられます。

 

つまり、いきなり多額のお金を借りることは難しいと思っておきましょう。

 

配偶者の名前でカードローンを借りるほうがベターかも

先述したとおり、配偶者貸付で借り入れする場合、配偶者の同意書は必須

つまり、配偶者に知られずに、内緒でお金を借りることは原則できないということ。
それなら、働いて収入がある配偶者の名前で、銀行系カードローンに申し込んだほうが、結局は返済が少なくて済みます。

 

隠れてお金を借りたい事情のある人もいるかもしれませんが……配偶者貸付は奥の手と考えておくくらいがいいかもしれませんね。