お金借りる 低金利 即日。キャッシング・カードローンでおすすめならどこ?

土日・祭日・夜間でも!ATMで今すぐ借りたい人のための即日融資マニュアル

土日や祭日、夜間は当日中にお金を借りることができないの?

今すぐお金が必要となったときが土日祝日、祭日、夜間だったりすると焦りますよね(><;)

 

銀行もやっていないし、どうしよう……。
そんなときには、即日融資可能なキャッシングローンが便利です。


全国どこにでもあるコンビニATMで24時間お金を借りることができるため、もしもの時も安心!
銀行が休みの土日祝日・祭日・夜間にお金借りる方法を徹底紹介します♪

 

キャッシング・カードローンの借入先は大きく分けて2つ

お金を借りるときに利用できるのは、銀行が運営している銀行系カードローンと、消費者金融が運営しているキャッシングカードローンの2つです。

 

この2つのうち、即日融資に強いのは、なんといっても消費者金融のキャッシング!
最短数十分で審査が終了し、1時間でお金を借りるところまでできてしまうスピーディーさと、アルバイトやパート、派遣社員の人でも申し込める申し込みやすさも人気です。

 

とくに、土日祝日・祭日・夜間の即日融資を成功させるためには、まず前提として土日・祝日・祭日・夜間の即日融資に対応している消費者金融を選ぶことが大切です。
最近は即日融資をアピールしている会社が増えていますが、どこでも即日でお金を借りることができるわけではないんですね。

 

金利の安い銀行系カードローンは休日、祭日、夜間の申込はきびしいかも

銀行系カードローンには、メリットもたくさんあります。
たとえば、金利が安めなこと。
大手銀行が経営していることも安心材料ですよね。
しかし残念ながら、やはり銀行だからこそ、土日、祭日、夜間の手続きには弱く、即日融資にはあまり向いていないのが現状です。

 

それに比べ、いつでも申し込みができて、日を選ばずにカード発行まで当日中に行えるのが消費者金融系キャッシングローンです。
少し銀行系カードローンより金利は高めですが、その分、時間や曜日を選ばず使い勝手がいいのが特徴です。
消費者金融と聞くと、人によってはなんだか怖いイメージを持つ方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、バックについているのは結局大手銀行。
実は安心・安全に利用することができるんです。

 

一番人気はどこ?即日融資OKのキャッシングローン

アコム

貸付利率(実質年率) 自動審査受付時間 メリット
3.0%〜18.0% 平日9:00〜21:00 30日間金利0円サービス

パート・アルバイトでもOK!

アコムは申込みから契約までインターネットで手続き完了することができます。店頭窓口や自動契約機来店して手続きする場合でも、事前にインターネットで申し込んでおけば、来店時の手続き時間が短縮可能。

【特徴】
・3秒結果表示
(3秒診断は、借入をご検討される際の目安であり、実際のお借入時の審査結果と異なる場合があります。)
・はじめてでも来店不要
・スマートフォンの無料アプリがあるので収入証明の送付などが便利!

プロミス

貸付利率(実質年率) 審査可能時間 メリット
4.5%〜17.8% 9:00〜21:00 30日間無利息サービス
24時間インターネット(PCやスマホ)からのお申し込み受付や契約・振り込みまでインターネット完結で、店舗に行けない方も気軽に利用することができます。(※対象金融機関は200行以上あります。)

【特徴】
・審査から振込みまでインターネットで完結
・即日融資も可能(WEB契約の場合、当日振込(平日14時までにWEB契約完了が必要)みが可能)

 

アイフル

貸付利率(実質年率) 自動審査受付時間 メリット
4.5%〜18.0% 9:00〜21:00 30日間金利0円サービス
夜の即日融資のポイント

インターネットから申し込んで、20時30分頃までにに自動契約機へ。
審査時間は30分〜1時間なので、21時までに本審査を受ければ、21時45分までカード発行が可能です。
※自動契約機の営業時間は地域により異なります。まずは公式ホームページで近隣の自動契約機の営業時間を調べてください。

 

 

土日や夜間の即日融資の流れ

消費者金融選びはめどがついたでしょうか?
では、これから当日中にお金を借りるための流れを見てみましょう。

 

  1. 即日融資が可能な消費者金融から借入先を選ぶ
  2. WEBで審査の申込をする
  3. 職場が休みの場合は、在籍確認がとれない旨コールセンターに相談する
  4. 審査が終わったら自動契約機で契約&カード発行する
  5. コンビニか振り込みキャッシングでお金を手に入れる

 

どの消費者金融に申し込みをしても、基本的な流れは同じです。

 

申し込みは、必ずWEB(公式サイト)を利用しましょう。
当然ですが、郵送や電話のやりとりでは、書類の提出にも時間がかかりますし、即日融資は不可能になってしまいます。
消費者金融を決めたら、各公式サイトから、事前診断→申し込みの流れです。

 

審査というと構えてしまいますが、今は必要書類の提出も、お手持ちのスマホやパソコンさえあれば、画像にしてアップロードするだけととても簡単!
収入や継続して働いていること、高額な借り入れがないことなどを証明することができればOKですので、あまり難しく考える必要はないハズです。

 

まずは申し込まないと始まりません。
即日でお金を借りたいなら、できるだけ早く申し込んでしまうことが大切です。
まだ迷っている人は、もう一度ランキングからじっくり選んでみてくださいね♪

 

今すぐ借りたい人が気を付けるべきこと3つ

土日、祭日、夜間は、銀行口座への直接振り込みでお金を借りることはできません。

そのため、当日お金を借りるためには、無人契約機(自動契約機)でカード発行することになります。


必要書類をそろえておく

キャッシングの申込には、最低限身分証明書の提示が必要です。
身分証明書に使えるのは、運転免許証をはじめとする、顔写真付きの氏名、住所、生年月日の記載がある公的証明書です。
また、50万円以上の借り入れには、収入証明書も用意する必要があります。
これが用意できていてはじめて審査に申し込むことができますので、必ずそろっているか確認しておきましょう。

 

提出書類の詳細は→コチラの記事

 

いきなり無人契約機に行かず、まずはインターネットで審査を申し込んでおく

いきなり自動契約機に行って手続きをすることも無理ではありませんが、インターネットで事前に申し込んでおくより手続きにかなり時間がかかります。
あの狭い中でずっとやり取りしながら手続きするのは予想以上に大変です(^^;)

 

それに、いざ無人契約機まで足を運んだのに、書類などに不備があると一からやり直しになってしまいます。
まずは、Webで申込を済ませておく!審査に通過しておけば、後はカードを発行するだけなので、短時間で手続きが終了します。

 

閉店時間の22:00までに審査を完了しておく

夜間も土日もやっていて便利な自動契約機。
自動契約機の営業時間は、朝8:00〜22:00ということがほとんど。
しかし、自動契約機にも、営業時間があることに注意しましょう!
営業時間を過ぎてしまうと、その日のうちにカードが作れません。つまり、お金を借りることができなくなってしまいます……。

 

つまり、最低でも21:00までには審査の申し込みを完了しておく必要があるということです。
また、あまりにギリギリで入ることも時間切れリスクが高いため避けたほうがベター。
できれば、余裕をもって20:00までに申し込みを終えておくほうが安心して審査に臨むことができます。
21:30にはカード発行手続きに入れるよう、早めに本審査の申込をしてくださいね!

 

自動契約機が、ショッピングモールや公共の施設の中にある場合、早く閉店してしまうところもありますので、最寄りの店舗の情報を審査中に調べておくことをおススメします。

 

土日・祝日・祭日・夜間・会社が休みの場合の在籍確認は?

お金を借りるためには、収入があることの証明として、原則として職場への在籍確認を電話で行うことになっています。

でも、土日や祝日、夜間は会社自体がお休みで、だれも電話に出ることができない、ということパターンもありますよね。
在籍確認がとれないと、消費者金融は基本的に審査をとおしてくれません。
しかし、きちんと会社が休みだけれど、急ぎでお金を借りたい旨を申し出ることで、審査に配慮してくれることがあります。

 

まずは消費者金融に相談してみよう!

まず、審査の前段階で、消費者金融側に「会社が休みで誰も電話に出ないかもしれない」とコールセンターに一報を入れましょう。
何も伝えていないと、消費者金融側も配慮できず、審査がとん挫してしまいます。

 

相談したから電話確認なしで審査が通るかというとそうではありません。
消費者金融側でどういった対応をとるかは様々。
また、会社によるちがいだけでなく、申し込む人の年収や勤続年数、他社からの借り入れ状況など、様々な要因によって対応が決まります。

 

  • 在籍確認がとれるまでは審査を保留にする
  • 数万円などの低い限度額で借り入れOKにする(後日、在籍確認がとれてから限度額引き上げ)
  • 社名入り健康保険証や源泉徴収票などの在籍を証明する書類の提出で審査をする

 

どのような扱いになるかは、申し込みをしてみなければわからないところです。
しかし、急ぎお金が必要なときには、低い限度額であっても借り入れができるのは非常にありがたいですよね♪

 

まずは諦めずに相談してみる!これが大切です。

 

わたしの体験談〜アコムの場合〜

じつは、わたしも土日にアコムに申し込みお金を借りることに成功しています。
わたしが勤めていた会社は運悪く休みだったため、電話による在籍確認はとれません。

 

アコムに相談してみると、少し時間をおいてから、「少額融資ならOK、希望限度額までの借入は、翌営業日に在籍確認を行ってから」との回答がありました。
ちなみに、希望限度額は30万円でしたが、とりあえずは10万円の限度額で即日融資を受けることに成功!
本当に困っていたので、10万円でも本当に借りられて良かったとホッとしました……。

 

アコムに限らず、プロミス、モビット、アイフルなどの広告もたくさんしているような大手消費者金融は対応も柔軟で、銀行系カードローンよりもはるかに借りやすい雰囲気です。
わたしは銀行系カードローンでは即日融資に失敗しています(^^;)
お急ぎ即日融資希望の人は、消費者金融に相談してみるのがいいでしょう♪

 

すでに契約済みの人は曜日や時間帯にかかわらず24時間お金を借りられます

無事に契約でき、カードまで手にすることができれば、基本的に24時間コンビニで借りられます。

大手消費者金融は、コンビニATMと提携しています。
セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなどの大手コンビニがあれば、お金を引き出すことができます。

 

ATM手数料に注意!ちりも積もれば山となる?

しかし、ひとつだけ注意したいことが。
それは、各消費者金融によってコンビニATM手数料がかかること。
初日は仕方ないにしても、ネットバンキングなどで後々お金を借りる場合は気を付けたほうがいいこともあります。
ランキングに掲載した各社の提携ATM以外での手数料は、

 

1万円以内の借入/返済 108円

1万円以上の借入/返済 216円

(※提携ATMはそれぞれ異なります。)

 

そう、じつは返済にも手数料がかかります。
そのため、1万円以上借りて、返済したら、それだけで432円もかかってしまうことになるんです。
返済中は無駄なお金は減らしたいもの。
小さなことですが、ATM手数料にも少し気を使ってみるといいかもしれませんね♪

 

手数料不要のネットキャッシングも便利!

消費者金融から直接自分の口座に振り込んでもらう振込キャッシング(ネットキャッシング)も、手数料や手間を考えると非常に便利なサービスです。

 

アコム 楽天銀行なら24時間即時振り込み

プロミス 三井住友銀行、ジャパンネット銀行なら24時間即時振込

 

注意したいのは、どんな銀行口座でも24時間振り込んでもらえるわけではないということ。
基本的に24時間振り込んでももらえるのはネットバンクで、それ以外の銀行口座やゆうちょへの振り込みは、翌日扱いになると思っておきましょう。

 

ネットキャッシングは、現金を手に入れたいときにはもちろん、口座の引き落とし対策にも便利なシステムです。
わざわざ口座に入金する手間が省け、その際の手数料も節約できます。
「今月は引き落としが多くて……」という時には、ぜひネットキャッシングを活用してみてくださいね!

 

即日融資キャッシング・カードローン☆人気ランキング