収入証明無しの即日融資・高額融資・おまとめローンのポイント

収入証明不要でお金を借りるには? 闇金のブラック高金利に要注意!

お金をキャッシング・カードローンで借りるときは収入証明が必要でしょ?

お金を借りる、ということは、もちろん必ず返済しなければならないということ。

つまり、定期的で継続的な収入があることを証明しないと、融資の審査には通らないということになります。


でも……。
「今日中にお金を借りたい!」
「至急でなんとかしなければ!」

という時に、収入証明書類を役所から数日かけて取り寄せたり、会社で再発行してもらうなんて待てませんよね!

 

じつは、消費者金融によっては、50万円以下の少額融資なら、収入証明なしで申込・審査が可能です。
つまり、働いているということさえ在籍確認で証明できれば、お金を借りることはできる、ということ。
収入証明の有無について、もっと詳しく知ってみませんか?

 

消費者金融は収入証明なしでは審査に通らない…はウソ!

一部のウェブサイトで、「消費者金融のキャッシングは収入証明必須」「銀行系カードローンしか収入証明無しの審査は行っていない」などと書かれていることがありますが、それは事実ではありません(^^;)
就業形態のしっかりしている正社員や発見社員はともかく、中小企業でのアルバイトなどだと、下手すると給与明細などもしっかりしていないところもあるでしょう。
実際に、CMや広告で目にする大手消費者金融は、50万円未満の融資であれば、収入証明書原則不要を謳っているところは多いです。

 

どこでも収入証明書類が不要、というわけではない

この50万円の収入証明書要・不要のボーダーラインは、消費者金融各社が勝手に定めているわけではありません。
お金の貸し借りにかかわる法律、”貸金業法”によって、以下のように定められているからです。

 

一社から単独でお金を借りるとき、50万円以上の利用限度額の場合は収入証明が義務付けられる。

複数の業者からの借り入れの場合、総額で100万円以上となる場合も収入証明が必要となる。

 

つまり、もしあなたが今現在他のキャッシングやカードローンでお金を借りていないなら、今回の借り入れ希望限度額が50万円未満なら収入証明書は不要な可能性が高いと考えていいでしょう。
しかし、たとえばあなたがもし、ほかの金融機関や消費者金融からキャッシングなどでお金をすでに70万円借り入れていて、さらに30万円借りたい場合は、収入証明が必要、ということになります。

 

利用限度額とは?

 

利用限度額とは、あなたが借りたい金額の上限を指します。
たとえば、10万円の利用限度額で申し込み審査に通った場合、あなたが借りられる金額のトータルが10万円ということいなるわけです。
利用者は設定した利用限度額内でお金を借りたり返済したりすることができます。
利用限度額は、いつも希望額が通るとは限りません。
基本的には、100万円以上のような高額の融資は申込時には難しいとされています。
お金を借りて、きちんと返済するという実績を積むことで、諸費者金融側の信頼が上がって限度額が引き上げられます。

 

審査が不安な人は、まずは最低限の金額で申し込んでみることをおススメします。
あたりまえですが、限度額が小さいほうが返済が容易なため、限度額を高く設定するより審査には通りやすくなります。

 

50万円以下の少額利用限度額の融資でも収入証明が求められるケースも

しかし、まれに消費者金融側から、50万円以下の借入でも収入証明を求められることはありえます。

どういうケースなら求められるのかは、はっきり言ってケースバイケース。
たとえば、勤続年数がギリギリで、今までクレジットカードやキャッシングが初めてで取引履歴が全くない場合などは、消費者金融側が念のために収入証明を取り付ける場合もあるでしょう。

 

意外に感じるかもしれませんが、じつはキャッシング経験がある人のほうが通りやすい?という噂もあります。
お金を借りて、きちんと返済できた、という実績があるからでしょう。
(もちろん、初めての人は審査が厳しく通りにくいというわけではありませんが。)

 

心配な人で、お金を借りる期日に猶予がある人は、収入証明書類を用意しておいても安心かもしれませんね。

 

気を付けたいのは、個人事業主の人のキャッシング審査です。
個人事業主、いわゆる自営業の人は、勤めている人よりも毎月の収入が一定ではないことが多いですよね。
そのため、収入はけして少なくはなくても、意外と審査に時間がかかったり、借りにくいとも言われています。

 

審査に通常よりも時間がかかることを念頭においておき、余裕をもって審査申し込みができるよう、収入証明として利用できる書類をできれば複数集めておくようにすると安心です!

 

収入証明に使える書類一覧

収入証明に使える書類を就業形態によってまとめました。

 

  • 給与明細書(最新の2か月分)
  • 源泉徴収票

 

お勤めの方が用意しやすいのは、給与明細書と源泉徴収票だと思います。
気を付けたいのが、給与明細書は、最新のものが2か月分必要なこと。
その給与が継続的なものであることを証明する必要があるためです。
源泉徴収票も最新のものを用意します。
紛失の場合には、会社で再発行してもらうことができるはずですが、再発行には時間がかかることもあります。

 

給与明細書、源泉徴収票の再発行が待てない人や、自営業(個人事業主)の人、年金受給者の人が用意したい書類は以下の3つです。

 

  • 確定申告書
  • 所得証明書
  • 課税通知書
  • 住民税決定通知書

 

確定申告書を収入証明に使用するためには、税務署に確定申告の際に提出した書類の控えを使用することになります。
税務署に提出する際、控えにも日付ありの受付印が押印されます。
自営業の人なら、基本的に前年度の確定申告書類は手元にあるはずです。

 

所得証明書、課税通知書は、住民登録をしている市町村の役場で発行することができます。
市町村によっては、所得証明書か課税通知書、どちらかに統合されていることも多いようです。
郵送でも取り寄せることができますが、即日でお金を借りたい人は、役所が開いている時間に窓口に行く必要があります。
住民税決定通知書は、毎年6月初旬に、登録の市町村から郵送で届けられる書類です。
税額から前年度の収入をはかることができますね。

 

収入証明無しで即日融資が受けられる消費者金融オススメ

貸金業法で50万円未満なら収入証明書の提出が義務付けられていないとはいえ、消費者金融や金融機関などの業者によっては、50万円未満でも収入証明書を求めているところもあります。
絶対、収入証明無しでお金を借りたいなら、「50万円未満なら収入証明不要」と明記しているところが安心ですね。

 

大手チェーンで収入証明不要と明記しているところの代表といえば、アコムです。

 

 

アコムは、

 

  • 30日間無利息
  • 来店不要、Webだけで手続き完了
  • パート・アルバイトでも申込OK
  • 女性オペレーターサポートつきのレディースローンに対応
  • むじんくん(無人契約機)利用で夜間でも即日でカード発行可能
  • 口座への振り込みキャッシング対応

 

などなど、多くの消費者が利用しやすいメリットが多いキャッシングです。
そのため、キャッシングが初めての人や、どこにすればいいのかわからない!という人はとりあえずアコムにしておけば損はしないでしょう。

 

http://www.acom.co.jp/

 

高額融資でも収入証明無しで貸します!……それ、本当に大丈夫?

借入希望額が50万円以上、あるいは総額で100万円以上の人にとって、収入証明は必須です。

それなのに、「ウチは50万円以上でも収入証明無しで貸します!」という消費者金融がいたとしたら、ラッキー……ではありません!


先も申し上げたように、貸金業法、つまり法律で定められたルールを守っていない貸金業者は、とても危険です。
高額な金利、いわゆるトイチなどの法外な返済を迫られ、大変なことになってしまう可能性がとても高いのです。
甘い言葉に騙されて、変なところからお金を借りてしまわないようにしましょう!!

 

大手の消費者金融と街金・闇金の違いとは?

お金を借りる業者は、大きく3つにわけることができます。

 

  • コマーシャルなどでもおなじみの大手チェーン消費者金融
  • 個人経営、地域型の街金
  • 闇金

 

この3つのうち、お金を借りても大丈夫、と言えるのは、大手の消費者金融のみと言ってしまってもいいでしょう。

 

闇金、はその名のとおり違法な業者です。
法外な高金利だけが問題ではなく、取り立てにも違法性があります。
お金を借りていることは、法律で他社に漏らしてはならないことになっているのですが、闇金は家族や会社にお金を借りていることをばらすと脅すなど、ふつうなら考えられないことをしてきます。
闇金(ヤミ金)からは、絶対にお金を借りてはいけません。

 

では街金はどうでしょうか。

 

街金とは、どちらかというと地域密着型で、個人で経営していることが多いでしょう。
街中の雑居ビルなどに居をかまえていて、今でも多くの街金が存在しています。
街金は、一概に絶対に借りてはいけないとは言えません、しかし、けしてオススメもできません。

 

その街金が完全に安全で、出資法の上限金利を守っているのか、取り立ては安全なのか、判断は非常に難しいからです。表向きは人当りもよく、ふつうの街金だと思ったのに、中身は闇金だったということもよくあります。

 

また、個人情報取り扱いの問題もあります。
お金を借りたことがどこかへ流出してバレてしまう危険性があることも忘れてはなりません。

 

大手なら、法律を守って運営されており、消費者に対しおかしいことは絶対にできません。
一昔前は、大手でもグレーゾーン金利などでトラブルも出ましたが、今は貸金業法が整備され、不正はなくなっています。
消費者金融のバックについているのは、大手銀行ですので、安心して利用することができるのです。

 

キャッシングローンおまとめで返済一本化!借り換えのポイント

中には、いくつかのキャッシングローンを一本化するために、50万円、100万円以上のキャッシングに借り換えたいという人もいるのではないでしょうか。

いわゆる”おまとめローン”のことですね。

 

返済が一本化されれば、多くのメリットがあります。
返済の手続きが簡略化され、返済もれなどのトラブルもなくなるほか、総額は同じでも、一ヵ所でまとめて借りたほうが、金利が引き下げられ、大幅に返済額が減ることもあります。

 

”おまとめローン”の場合、少しでも金利が安い・低い金融機関で借り換えすることがベターです。
即日融資や少額融資、手続きの簡略に重きをおく消費者金融より、大手銀行の銀行系カードローンのほうが金利は安く設定されていることがほとんど。
銀行系カードローンで金利が低めに設定されているところは、まだ即日融資には対応していないところもあります。

 

総額100万円以上の借り入れの場合は、収入証明(源泉徴収票、納税証明書)などを準備しつつ、じっくりと金利を比較しながら業者選びをすることをが大切です。

 

即日融資キャッシング・カードローン☆人気ランキング

 

ホーム RSS購読 サイトマップ